ブーツの臭いの消し方は?原因と消臭・脱臭対策を解説

玄関に行ったとき、ブーツから嫌な臭いが漂ってくることってありますよね。

臭いブーツをそのままにしていると、下駄箱の中だけでなく玄関全体に嫌な臭いが充満してしまいます。

友達や恋人が遊びに来てドアを開けた瞬間、臭いって思われたら嫌ですよね。

大人のエチケットとして、ブーツの臭いには気をつけたいものです。

そこで今回は、ブーツの臭いの原因と消臭方法について解説します。

ブーツの臭いの原因

ブーツの臭いの原因は雑菌です。

雑菌が繁殖することによって、ブーツの中が臭くなってしまうのです。

雑菌が繁殖する要因は3つあります。

  • 温度
  • 湿度
  • 栄養

それぞれ詳しく見ていきましょう。

温度

足全体を覆う(特に膝丈まである)ブーツは通気性が悪く、ブーツの中の温度が下がりにくいです。

熱が逃げにくい構造になっているため、人間の体温でブーツの中の温度が高くなってしまいます。

高温を好む雑菌にとって、ブーツの中はうってつけの場所というわけです。

湿度

足の裏は体の中でも汗をかきやすい部位で、寒い冬であっても歩くだけでかなり汗をかきます。

ブーツを1日履いたときの足の汗の量はコップ1杯分(200ml)と言われており、通気性の悪いブーツの中は湿度が高い状態が保たれています。

湿度が高い環境を好む雑菌にとって、ブーツの中は繁殖しやすい環境にあるというわけです。

栄養

雑菌は足の皮脂や角質を餌としています。

通気性の悪いブーツは足に汗が溜まりやすく、それを餌とすることで雑菌が繁殖していきます。

餌を食べて満腹になった雑菌の排泄物が、臭いの原因になっているのです。

 

このように、通常の靴と比べてブーツは臭いが発生しやすい条件が揃っていると言えます。

それでは、ブーツについた臭いは、どのように消臭・脱臭したら良いのでしょうか?

ブーツの臭いの消し方

ブーツの臭いの消し方は2つあります。

  • ブーツを乾燥させる
  • 足を清潔に保つ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ブーツを乾燥させる

1日中履いたブーツの中は高温多湿で、雑菌が繁殖しやすい環境が整っています。

なので、風通しのいいところで日陰干しし、しっかりと乾燥させましょう。

ブーツの中を乾燥させることで、雑菌の繁殖を抑えることができます。

もし湿ったままの状態で下駄箱にしまうと、ブーツの中で雑菌が繁殖し、下駄箱の中も臭くなってしまいます。

また、ブーツをしっかり乾燥させるためには、同じブーツを連続で履かないこともポイントです。

できれば、2~3日はブーツを休ませておきたいところですね。

ただ、やむを得ず続けて履いたり日陰で風通しのいいところがなかったりした場合は、ブーツの中に乾燥剤や除湿剤を入れておくのもおすすめです。

何もしない場合に比べれば、ブーツの中が乾燥しやすくなります。

ブーツ専用の乾燥剤や消臭機能付きの除湿剤もありますが、それらがなければ新聞紙を丸めて入れても除湿できます。

あるいは、お菓子などに入っている小さな乾燥剤をいくつかまとめてブーツに入れてもいいですね。

足を清潔に保つ

足の皮脂や角質は、雑菌の栄養源です。

なので、足をしっかりと洗い、爪の間の汚れも取り除いて清潔にしておきましょう。

ブーツの臭いだけを消したとしても、足が汚いままでは雑菌の繁殖を抑えることはできません。

臭いを断つためには、「雑菌の住処となるブーツ」と「雑菌の栄養源となる足」の両方をキレイにする必要があるのです。

また、足に角質がたまると新陳代謝が悪くなり、血流が悪くなります。

血流が悪いと老廃物が流れず、それが原因で足が臭くなるとも言われています。

角質のケアは、週に一回程度で大丈夫です。

頻繁に角質をケアをしたり、固くなった角質を削りすぎたりすると、結果的にさらに皮膚が固くなってしまいます。

なので、ふやかしてから少しずつケアすることがポイントです。

また、足の血流を良くするために足湯に入ったり、足裏を軽くマッサージしたりするだけでも随分違います。

特に足湯の場合は、重曹を大さじ2~3杯入れて行うのがおすすめです。

臭いの原因物質は酸性で、アルカリ性の重曹によって中和されるため、足の臭いの軽減に繋がります。

特に冬場、冷え性などで足先が冷えている場合は、臭い対策としてだけでなく、体調管理の意味も含めてマッサージが有効です。

さらに、最近では足専用の消臭スプレーやクリームがあります。

ブーツを履く前に足に直接スプレーしたり、クリームを塗っておくのもいいですね。

まとめ

ブーツの臭いを消すためには、日頃のお手入れが欠かせません。

お気に入りのブーツならなおのこと、キレイな状態を保っておきたいですからね。

ブーツをいつ脱いでも安心できるように、今回紹介した方法を試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました